投資のこと

【振り返り】2020年資産推移

【振り返り】2020年資産推移

2020年総資産の振り返り

少し早いですが、2020年今年の資産推移を振り返ってみたいと思います。

 

資産推移と内訳

増減で見ると前年比で100%超となりました。

単純に2倍ですが、これはもともとの資産が少なかったからなので、来年はだいぶ低減すると思います。

内訳として株式が44%なので、来年以降はもっと株式の割合が増えていくのかなと想定しています。

というか、株式メインで増やしていきたいです。

現金比率が高く見えますが、ここには仮想通貨も入っているので実際には投資に振り分けられている分も入っています。

 

なにはともあれ、資産推移の観点では、なんといっても今年はコロナ禍による影響が大きかったですね。

株及び仮想通貨(暗号資産)の増加が投資を始めてからというもの、みたことないような動きをしていました。

投下資本に対する運用益は30~40%程度はあったと思います。

ただし、確定していない益も損もそれなりにあるため、これからどうなるかはしっかり管理していかなければいけないと思っています。

 

また今年は自分としては大きな益が上がり、今後も同等程度、あるいはそれ以上の運用益を出していきたいという思いがありつつ、今年はよく出来過ぎた、としっかり戒めの気持ちも持っていないといけないなと考えています。

世界的に金余りの状況で明らかに実体経済を反映していないかのような株価が散見されるため、バブル崩壊にはしっかり備えて、守りの体制を整えたいと思います。

 

来年の意気込み

この調子で増やしていければ、40代に突入する頃にはまとまった資産にできるかもしれません。

来年もできる限り支出を減らし(ケチることはせず)、資産構築をし進めてまいりたい所存でございます。