投資のこと

強気になっている今だからこそ考えたいこと

強気になっている今だからこそ考えたいこと

やりたくない仕事を一切やらない生活

今週xrpが大幅に値上がりしたこともあり、いつになく強気になっているようです。

それは「どうだ、こんだけ投資で利益出せたぜ」というようなものでは決してなくて、「やりたくない仕事を一切やらなくても生活できるんじゃないか」という考えへの思いの強さに対してです。

 

投資は元本が重要

最近思うところは、投資の本質は元本の大きさで結果が大きくことなるということ。

独立するまではろくに貯金もしておらず、独立と同時に投資を始めたものの、しばらくはたいした成果もあがらないことが続きました。

それがある程度資産が増えてきて、投資元本もそれに伴い増加し出した昨年からずいぶん結果が出てくるようになってきたと思います。

 

投資の状況

現状は資産のうち1,000万円以上を投資に振り向けており、含み損になっているものもありますが、トータルでみると「今は」含み益を多く保有している状況です。

この状況が続くのなら上述した「やりたくない仕事を一切やらない生活」に踏み出しても良いのではないか」と考えるようになりました。

「やりたくない仕事」はそれなりに単価も良いので、それを0にしてしまうのはもったいないことなのかもしれないし、「やりたい仕事(投資とは別に)」はマネタイズできるかどうか定かではないし、できたとしても時間が掛かることはわかっています。

 

楽観と悲観

話を投資に戻すと、当然「この状況が続く」保証等どこにもないし、投資がそこまで簡単ではないこともわかっているつもりです。

投資においては入金力が非常に重要なので、「やりたくない仕事」をやらなくなることで少なくともしばらくは資産全体でみた収支は悪化することは必至です。

 

準備は万端にならない

それでも、どこかのタイミングでやりたくない仕事を切り離し、やりたい仕事と投資の2本立ての生活に足を踏み入れていかないといけない。

独立した時と同じで、ここまで準備すれば絶対大丈夫、なんていう境界線はないし、もしそのタイミングを待っていたらきっと10年も20年も先になってしまうでしょう。

どこかで踏ん切りをつけて、良い意味で「なんとかなるっしょ」と踏み出していかなければいけないと思います。

 

私が次なるステップに踏み出すとしたら、それは「今」なのかもしれません。