生活のこと

リラックスする時間を意識的にとる

リラックスする時間を意識的にとる

HSPにとってストレスは大敵であると同時に避けては通れないものでもある。

だからある程度のストレスは見込んだうえで、意識的にリラックスする時間をとるようにしている。

 

基本は無理をしない

大前提として、ストレスを多く抱え込まないように生活を設計するように心がけている。

日々の労働時間が長くなり過ぎないように、休みなく働くことがないように、また、家族と過ごす時間を確保したり趣味の時間がなくならないようにしたり、といったあたりは意識的に行っている。

 

そのうえでできる限り毎日、リラックスし自律神経を整えるように心掛けている。

特にストレスや自律神経の乱れは目に見えないので、先手を打ってストレスをできる限りリセットするイメージ。

 

お風呂の時間こそリラックスに最適

私の場合は入浴時間を、リラックスし自律神経を整えるための時間と捉えている。

シャワーで済ませる人も多いと思うし、以前は私もそうだったが、今は夏でも毎日お風呂を沸かして汗をかくまで入ることにしている。

 

その際、深呼吸する時間をとったり、ヒーリングミュージックを流したり、入浴剤を使ったりすることもある。

温まったら冷たいシャワーを浴びてもう一度浴槽に入ったりと温冷交代浴をしたりもする。

方法は自分にあうものなら何でも良いので、色々試してみるのがいいと思う。

 

何をするにしても体が資本だし、これから先、時間にもお金にも余裕が出てきた時に人生を一番楽しめる時に健康でいることが一番だと思う。

大袈裟かもしれないが、大袈裟くらいがちょうど良いと思う。

 

健康第一でいきましょう。