生活のこと

昔の自分に嘘をつかない。昔の自分へのけじめとして。

昔の自分に嘘をつかない。昔の自分へのけじめとして。

念願のオーデマ・ピゲ

最近、オーデマ・ピゲの腕時計を買いました。

ずっと買わずに(買えずに)いたのですが、昔の自分に嘘をつきたくなくて、昔の自分のけじめとして。

 

かつての自分が強く望んでいたこと

公認会計士試験の勉強をしていた頃、合格してお金がたまったら買おう!とモチベーションを高め、勉強を頑張るための原動力の1つにしていました。

頑張るための動機としては不純だったかもしれません。

しかしながら、試験勉強中は本当に勉強付けの毎日で、限られた楽しみしかない中、きっと勉強の質を高めるのに一役買ってくれたと思います。

 

それから試験に合格し、数年働きお金も多少たまっていく中で何度も買うチャンスはあったのに、かなりの高額というのもあって二の足を踏み続け今日まで来てしまいました。

その間、ずっと心の中で葛藤があったのは、お金の無駄じゃね?という思いと、昔の自分に報いてあげられていないな、という思いがあったからだと思います。

 

なんだかこうやって書いてみると大袈裟な話だし、結局買うための言い訳にようにも聞こえます。

 

ただどうしても自分をだましているような気持ちが抜けきらなかったのも事実です。

それが私にとっては腕時計だったけど、大なり小なり誰にでも同じようなことがあるのではないでしょうか。

 

自分との約束を守る

全ての約束の中で自分との約束は破るのは一番簡単なことです。

誰にも迷惑をかけないし、誰からも責められはしません。

 

しかし、自分で自分を騙すことが当たり前になってしまうと、本当に大切なことを見失ってしまいそうな気がします。

他人との約束は当然守らないといけないけれど、一番守るべきは自分との約束じゃないかと、そんなことを思いました。

 

今日の毎日一新

ベアバーガーの名前忘れたやつ