生活のこと

2月の終わり3月の始まり

2月の終わり3月の始まり

終わりと始まり

早くも2月が終わり3月が始まりました。

そう。

終わりでもあり、始まりでもあります。

 

卒業という別れの季節でもあり、春に向かって歩き出す季節でもあります。

冬の終わりでもあり、春の始まりでもあります。

 

日本では新年度は4月から始まりますが、お隣の韓国では新年度は3月から始まるそうです。

中国は9月から。アメリカも9月から。

インド、ネパール、エクアドルは日本と同じ4月から。

 

そんなことはどうでも良いのですが、ちょうど今引っ越しの準備の真っ最中で、新年度の始まりとは少しずれますが、新しいスタートを切るという何か新しいことが始まる期待感で胸がいっぱいです。

 

種まきの季節

今年は3年続く大殺界の年の最後の年。

大殺界中は、大きな動きはすべきでない、というのが定説の中思い切って引っ越すわけですが、それもこれも来年以降の飛躍に向けた種まきだと捉えています。

 

どんなにきれいな花も、いきなり花開くわけではなく、種をまいて水をあげ日を浴びてつぼみを膨らませる期間が必要なように、私にとってのそれが、この大殺界の3年間だと思っています(そんなに占いとか信じてはないのですが、話の都合がいいので拝借)。

 

人間は環境の子

人は環境によって大きく変わるということを、歳を重なるにつれ強く実感するようになり、コロナ禍に適した環境に投資することを決めました。私にとってはそれが引っ越しだったというわけです。

 

環境だけ整えればすべてがうまくいくほど甘くはないことは百も承知ですが、このアクションがこれからの人生にどんな影響を及ぼすか見定めていきたいと思います。