生活のこと

FIRE(経済的自立 早期退職)という考え方

FIRE(経済的自立 早期退職)という考え方

FIRE(Financial Independence Retire Early)とは?

FIRE(Financial Independence Retire Early)という言葉をご存知でしょうか?

30代や40代で数千万円から1億円程度の資産を構築し、仕事をやめて自由に生きる、という考え方です。

人生100年時代、ずっと働き続けるのが当たり前のような風潮とは真逆の考え方です。

こんなことを考えて実践している人がいると知った時はものすごい衝撃を受けました。

まだまだ日本でこういった考え方をする人は圧倒的に少数ですが、これから割合としては確実に増えていくと思います。

価値観がこれだけ多様化してきた中で、長時間労働が是正されつつあり、ワークライフバランスが声高に叫ばれ、これまでの働き方に疑問を抱く若者が増えたのですから、むしろFIREを目指す人が増えるのは自然の成り行きとさえ感じます。

FIREなんて一般人には無理?

さらっと「30代や40代で数千万円から1億円程度の資産を構築」と書きましたが、ほとんどの人はそんなのは無理だと思うかもしれません。

ですが、あきらめる前にこちらの本を一読してみてください。

 

多くのミリオネアはオプティマイザー(節約志向の人)

ミリオネアになるタイプで最も多いのは、オプティマイザーだと言います。

オプティマイザーとは「執拗に支出を抑えて財産を築く人」のことを言います。

仕事や投資で圧倒的な人の何十倍ものお金を稼ぐのではなく、支出を減らすことで財産を築くというのです。

FIREを達成し自由を得るには投資は非常に重要で、そのことについても十分記載されていますが、とにかく支出を減らし貯蓄率を上げることが重要であるということが、上述の書籍を読めば理解できるはずです。

 

4%ルールとは

そして、上著では「4%ルール」なるものが書かれています。

これは、リタイア時に保有している資産か毎年引き出す金額が4%だと、死ぬまでリタイア時の資産が目減りすることなく保持されるというものです。

つまり、リタイア時に1億円の資産を保有し、毎年400万円ずつ引き出すと、死ぬまで1億円を保有できる、というものです。

実に引き出す割合を4%に抑えれば95%の人はこれを達成できるそうです。

年間の支出が400万円必要なら1億円。

200万円で済むなら5,000万円の資産で足ります。

これなら絶対に達成できない目標でもないような気がしてきます。

もちろん、アーリーリタイヤ後にまったく仕事をしてはいけないわけでもありません。

好きな仕事を好きな時に好きな人として、年間50万円でも100万円でも稼ぐことができればFIREの達成はさらに早めることができます。

 

最後に

私自身はといば、かねてから毎日朝から遅くまで働いて自由のない生活、というのに懐疑的だったのでこれは非常に魅力的な価値観に思えます。

このブログを読んで少しでも興味がわいた方は是非とも上著を手にとってみてください。