映画のこと

話題のTENET観てみたら、予想以上に難解でした

話題のTENET観てみたら、予想以上に難解でした

TENET鑑賞

話題の映画TENET、観てきました。

監督はインセプションやインターステラーで知られるクリストファー・ノーラン。

 

インセプションやインターステラーも名作として知られていますが、今作もfilmarksで☆4.1と高評価だったので期待が持てます。

内容が難解だという噂だけを聞き、あまり前情報を持たずに観てみました。

 

行ったのは六本木のTOHOシネマズ。

現在、TOHOシネマズでは、一席毎に間隔を空けていて席数が半数になっていることもあってか、ほぼ満席でした。

 

TENET感想(ネタバレ基本ない・・・はずです)

前評判どおり確かに内容は複雑かつ難解で、何がどうなっているのか?これはどうして?と「?」がずっと頭の中に浮かび続けていました。

物語が進むにつれて少しずつ理解が進むのだけど、ゆっくり考える暇を与えないほど、徹頭徹尾、終始一貫して怒涛の展開が待ち受けています。

息つく暇もなく次々と展開していき、出てくる名前が誰のことなのか整理したいけどうまくできないまま(洋画で名前と顔を一致させるの苦手・・・)、気づいたら終盤に差し掛かります。

150分という映画としてはかなりの長編に分類される作品でしたが、退屈する時間は一切なく、はじめからおわりまでエキサイティングな時間でした。

 

観終わった今も、「?」は残り続けています。

これはおそらくほとんどの方がそうであろうと思います。

 

1回見ただけでこの映画のすべてを理路整然と説明できる人はほんの少数の方だけでしょう。

この点が、この作品の評価が分かれるところのような気がします。

 

これまでの映画にはなかったであろうアイデアもあって、その斬新さに驚かされ魅了されるとともに、その不可思議さがこの作品の魅力にもウィークポイントにもなっているのではないでしょうか。

私は、いまいちスッキリしない後味の悪さみたいなものが残ってしまったというのが本音。

 

Filmaksを観ると、2度3度観たくなる、という人もいるし、全般的には評価が高いので、このへんは個人差が大きいのでしょう。

あるいはもっと作品への理解が進むと「おーっ!」という興奮が得られるのかもしれません。

一度考察サイト等少し覗いてみたいと思います。

 

今日の毎日一新

TENET

View this post on Instagram

#毎日一新 #tenet こりゃむずい。

A post shared by newone everyday (@newone_everyday) on

RIGOLETTO BAR AND GRILLのスモーキーマッシュルームバーガー