生活のこと

支出を減らしたかったら刺激を減らそう

支出を減らしたかったら刺激を減らそう

自粛すると支出は減る

3,4月頃からコロナの影響で一時的に支出が大幅に減っていたのですが、ここ最近自粛ムードも緩和されてきたこともあり支出が増えてきました。

私の場合、服や靴などが好きなのですが特に3~5月頃は外に出ることもほとんどなく、また誰に合うわけでもなかったので、これらにかけるお金がほとんどない状態でした。

 

外出すると支出が増える

ところが最近になって外出することも多くなり、自然と洋服店や靴店に足が向かうことも多くなっています。

何か具体的に欲しいものがあっていくわけでもないのですが、ついつい覗いてみたくなってしまうのです。

 

そこで色々見ていると欲しくなってくるのが人の性(さが)。

即決することはほとんどないものの、家に帰ってリサーチして「ポチリ」。

 

そんなこんなでここ1,2カ月支出が増えてきています。

収入よりも支出が多くなることはさすがにありませんが、毎月10,000円でも多く投資に回したい(将来を考えたら回すべき)のに支出が増えることは好ましいことではありません。

 

何故外出すると支出が増えるのか

そこでなぜ支出が増えてしまうのか、根本的な要因を考えてみると1つの要素が浮かび上がります。

 

「外出すると刺激をあびる」

 

これが支出増加の大きな要因のように思われます。

刺激を受けると支出が増えるロジックは、

  • 「外出すると刺激をあびる」→「ストレスが増える」→「ストレス発散のための衝動買い」

 

  • 「外出すると刺激をあびる」→「物欲が刺激される」→「必要以上に買ってしまう」

ざっくり分析するとこんな感じでしょうか。

 

外出先の選び方

都会に住んでいるとついつい新宿や渋谷、有楽町や銀座に行くことも多くなりがちですが、やはりこういった街に行くと人いきれによるストレスを感じますし、物欲が刺激されてしまいがちです。

支出を減らしたいなら、街に行くよりも自然が多い所や人ゴミのないところに行くほうが良さそうです。

 

街に行ってショッピングするのが至高の楽しみであるなら、それを我慢するのはもったいないし、無理に押さえつける必要はないと思いますが、基本的に地位財は幸福度に大きな影響を与えませんので、外出するならどこへ行くか、というのも冷静に分析した上で決定する姿勢も重要ではないかと考えた日曜の夜でした。