お笑いのこと

年に一度の祭典

年に一度の祭典

刺激が足りないという悩み

なんだか刺激が足りないな、と思ったりします。

別にコロナだからとかではなく、割とよく思うタイプの人間です。

HSPでストレスにはめちゃくちゃ敏感なのですが、かといって変化のない、平凡な日常が好きなわけではないんですよね。

理解されづらいだろうし、説明しようがないし、我ながら面倒なキャラクターだなと思ったりします。

 

M-1グランプリという刺激

んで、タイトルの話なのですが、年に一度きり!とかだとやっぱりテンションが上がるし、良い意味で刺激になりますよね。

私にとってはなんといっても年に一度の祭典と言えば「M-1グランプリ」です。

いや芸人でもなんでもないんですが、お笑い好きにはたまらない大会です。

 

先日2回戦が終了し、準々決勝進出者が発表されました。

また2回戦の模様はすべてM-1の公式YouTubeチャンネルで配信されています(正確には13日の0時にすべて配信される予定)。

 

お笑いは素晴らしい職業だと思う

出場している芸人に比べれば観ているだけの私の熱量など取るに足らないものですが、それでもM-1を追いかけるだけで平凡な毎日が色づくし、刺激をもらいます。

お笑い芸人は人を笑顔にする、というある意味世界で一番素晴らしい仕事だと思っているのでリスペクトしかありません。

 

お笑いに関する仕事に携われたらいいな、という思いもあります。

以前、Career Navi(公認会計士協会の転職サイト)でよしもと興行が経理職を募集したりしてましたよね。

それが自分の望む仕事であるかというと、ちょっと違う気もしますが。

 

なにはともあれ、M-1グランプリ決勝は12月20日の日曜日!

それまで準々決勝と準決勝、悲喜こもごもありそうですが、楽しみに待ちたいと思います。

 

最後に

結局何が言いたかったかというと、色々趣味があった方が毎日刺激を感じて楽しく暮らせるよね、ってことです。

知らんけど。

 

今日の毎日一新

YouTubeonliveダイタクTV編