仕事のこと

それでも続ける。自分のペースで。

それでも続ける。自分のペースで。

資格を取るのがゴールではなかった

公認会計士になってそれなりの年月が経ちました。

この資格を取ったことでありがたいことに一目置かれることもあって、それは非常にありがたいことだし勉強頑張って良かったなぁ、と思います。

今は資格のおかげでご飯を食べれているし、資格がなければ今より充実した生活はなかったのではないでしょうか。

 

次の壁が立ちはだかる

しかし、この資格をとったことで新たな壁にぶつかることにもなりました。

 

公認会計士資格を持っている人がみんな優秀だとは私は決して思わないのですが、それでも明らかに「平均」から大きくかけ離れたところで活躍している公認会計士の姿を目にすることがあり、自分の現状がもどかしく歯がゆい気持ちになることがあります。

 

彼らと私は何が違うのか?

もっと活躍することが自分にだってできるんじゃないのか?

そんな風に考えてしまうことが少なくありません。

 

自分なりの方法で壁と向き合う

一方で歳を重ねるにつれ、自分の特性もしっかり自覚してくるようになり(HSPの気質が強いこと等)、みんなにはできて自分にはできないことがあることもだいぶ理解できるようになりました。

将来的にどうなるかはわかりませんが少なくとも現状は、休みなく睡眠時間を削ってバリバリと働くようなスタイルでは仕事ができません。

 

四六時中仕事漬けで明確な結果を出してできる人をうらやましく思う事もありますが、だからといってうらやんでいるだけでは何も成すことはできないでしょう。

 

だからこそ、自分の良い部分、悪い部分どちらも自分だと理解した上で、できることをできる範囲で続けていくしかありません。

人と同じことをやっていたら同じ結果しか得られない上に、人よりも長く働くことができないのであれば、結果を出すためには頭を使って人と違うことをするしか道はありません。

このブログもその道の1つです。

 

そして自分なりの方法で壁を越えていく

隣の芝生は青く見えてしまうもので、ついつい同じような育て方を真似したくなりますが、芝生の品種が違えば育て方も異なるはずです。

 

自分の芝生にはどれくらいの水分が必要で、どんな肥料があっているのか、それは自分自身で試行錯誤して軌道修正していけば良いと思います。

 

・・・というか、私にはそれしかできないんですけどね。

 

今日の毎日一新

麻布十番モンタボー