仕事のこと

生産性が高まる職場作り

生産性が高まる職場作り

生産性について

今週の経営財務(No.3485)を読んでいたらこんな記事が。

仕事に際して、その生産性水準がピークに達するには平均して11分かかり、2.5秒の中断でゼロに戻ってしまうという。

そして、

オフィスにたった4名しかいなくとも、1時間に14.2回もの中断が発生する

だ、そうです。

1時間に14.2回中断があるってことは4分に1回中断される計算なので、仕事中に生産性水準がピークになる時間が一度もないってことじゃないか。

要は一般的な職場は集中して仕事をするには適さないように設計されている、ということですよね。

 

リモートワークは生産性を高めるか

リモートワークが浸透してきた中、リモートワークを好む人は要は集中できる環境が欲しかったってことも1つあるような気がします。

 

これまでは職場の何気ないコミュニケーション()だとか、顔を見合わせて仕事をすることが重要だと思われてきたからこその職場設計でしたが、ここらでテコ入れしてもいいんじゃないかと思います。

 

ニューノーマル

これまで常識とされてきたことが、常識ではなくなってきているし、その逆もまたしかり。

やってみてうまくいけば取り入れて、うまくいかなければ調整すればいい、それだけのことだと思うんですけどね。

 

なにはともあれまずはやってみることが大事です。