仕事のこと

人と同じことをしていたら同じような結果しか得られない

人と同じことをしていたら同じような結果しか得られない

経験者から得るもの

今日は昼から会計士の2人の知人と会食へ。

約2年間同じプロジェクトで一緒に働かせて頂いた先輩でもある。

 

お二人とも同じプロジェクトに携わっていたが、それぞれメイン業務として監査でサイナーをしていたり、DDや決算支援を行っており、空いている時間でプロジェクト関与している方だ。

独立歴も私より長く、仕事に対する姿勢や仕事へのスタンスは学ぶことが多い。

 

会計士の輪

独立してからこうして知り合った会計士の方は意外に多い。

会計士というくくりでは同じであっても、個性が強いのが会計士であり、十人十色とはまさにこのことかと思う。

 

ただし、それは独立している人の話であって会計士全体の話ではない。

 

独立会計士のスタイル

独立会計士か、勤務会計士か、そこに優劣はないので先に断っておくが、私は独立会計士との相性(人対人として)がいいように思う。

それは私が自由な生き方に非常に重きを置いているからだと思うが、自分なりのスタイルで人生を歩んでいる人が多いのが独立会計士の特徴だ。

 

そういった人はワークライフバランスにおいて、ライフだけでなくワークも充実している場合が多い。

 

その理由について考えてみて出した答えが今日のエントリーのタイトルとなった。

 

 

人と同じことをしていたら同じような結果しか得られない

当たり前のようだけど、実行に移すのは簡単ではない。

 

自由な生活を!金銭的な成功を!と思う人は会計士に限らず多いと思うが、それでも一人で集団から抜け出し自分なりの考えにしたがって自分なりの行動を起こせる人は少ない。

 

だからこそ、独立会計士が自由な生活と金銭的な成功を実現する確率が高いのは至極当然だと思う。

人と違うことをしたからこそ、人とは違う結果を手にすることができたのだ。

 

人と違う結果を手に入れたかったら、人と違うことをしてみるのが一番の近道だと思う。

10回くらいやってみたら、1回くらいはなんとかなるものだ。