生活のこと

世にはばかる胡散臭さ

世にはばかる胡散臭さ

得体の知れない胡散臭さ

インターネットの拡大、SNSの台頭により、以前にも増して胡散臭いものが増えたように感じます。

実際、TwitterやInstagram上で多くのフォロワーを抱えるインフルエンサーの過去や実態が明らかにされ、炎上する場面を見ることも少なくありません。

 

勿論胡散臭いのはインターネットの中だけでなく、リアルな友人関係やコミュニティにおいても同じです。

 

自分を大きく見せようとする

えてして胡散臭い雰囲気を漂わせている人はビッグマウスで、些細なエピソードまでも誇大化し自分を大きく見せるために使い倒している印象です。

自身にとって都合の良いことばかり並べ立て、都合の悪いことには口をつぐみます。

そして、手段を問わずお金を稼ぎ(あるいは稼いでいるように見せ)、良い家や車を持ち(あるいは持っているように見せ)、自分を大きく見せようとします。

 

私はそんな胡散臭い人たちに騙されたくないし、家族や友人も騙されて欲しくありません。

そして何より、自分がそんな胡散臭い人間にはなりたくないと強く思っています。

 

自分がそうならないために

そのためには、虎の威を借る狐になることなく、謙虚であり誠実であること、自分の功績をひけらかすのではなく誰かの役に立てること、そういったことが当たり前にできる人間でありたいと思います。

 

ふと今の自分を鑑みた時、そんなつもりがないとして、周りからはそう見られてしまうところもあるかもしれないと思い、自戒の念を込めて今日のブログを終えたいと思います。