生活のこと

自由過ぎるとかえって不自由になる話

自由過ぎるとかえって不自由になる話

時間があればやるかと言えばそうでもない

最近はずいぶんと時間に余裕も出てきて自由度はかなり高い状態を維持できています。

クライアントに出向いて仕事をする時以外は、自宅兼事務所で作業したり、あるいはカフェで作業したり勉強したりすることも多いのが実態です。

クライアントにいる時以外はほぼほぼ自由なので、仕事をしていても良いし遊んでいても良いし、と誰に干渉されることもなく過ごしています。

 

制約の重要性

だからこそ、自由な時間の使い方は難しいです。

やはり色々と制約があるからこそ規則正しい生活を送ることができるのであって、自分で完全に自分を律するというのは至難の業だと感じます。

 

今のところ、これだけは最低限やろう、と決めたことはできていますが、本当はやりたいと思っているあれやこれやまで手が回っていない現状があります。

これに関しては時間がないという言い訳はできません。

むしろ時間はたっぷりあるはずなのです。

 

気持ちの問題ではない・・・気がする

しかし、かといって気持ちの問題、すなわちやる気がない、という問題かと言えば必ずしもそうとは言い切れない所にややこしさがあるように感じます。

いや、むしろやる気はあるからこそ、うまく時間を活用しきれていない現状に不満や焦りを感じているとも言えます。

 

大きな飛躍に向けて

タスク管理をうまく行い、なんとかやりたいことをすべて仕組化できるかどうかが、これから自分が大きく成長できるかの試金石となっているように思います。

ハードルはかなり高いと思いますが、だからこそ、取り組む価値がある課題だとも思います。

 

これを超えれば大きな飛躍につながるはず。

これをモチベーションに取り組んでいこうと思います。

 

今日の毎日一新

 マグカップ