仕事のこと

今年も残りわずか

今年も残りわずか

仕事納め

今週が今年の仕事納めになる。

クライアントの要望で12月は特に今週に業務が集中しているが、ここを乗り切れば晴れて冬休みに突入する。

本当はこういった波は作りたくないのだが、今はやむを得ないと割り切ってもいる。

 

展望は

ある程度まとまった資産を構築したら、こういう生活にも別れをつげたい。

 

難解な会計事象を紐解いたり、後任に理解しやすいようエビデンスを残したりといった作業は楽しいし、向いていると思うが、それだけをやっていれば済む仕事というのは少なく、人から説明を受けたり、人に説明をしたり、あるいは、スケジュール調整やコミュニケートの中で潤滑油的な役割を果たすことも少なくない。

 

それが出来ないわけではないのだが、心労が大きく負担に感じることが多くなり、できればそういった約割からは距離をおきたいと思っている。

 

その日が1日も早く来るように、コツコツ地道に努力あるのみ。