仕事のこと

2020年の振り返り【仕事編】

2020年の振り返り【仕事編】

 仕事納め

今日でいったん仕事も終了となる。

年末年始にも多少の仕事はするだろうが、ここでいったんクライアント対応は終わる。

 

淡々とした1年

今年の仕事に関して言えば、大きなトラブルもなければ大きな躍進もなく、終わってみれば良くも悪くも淡々と過ごした1年だったように思う。

それでも、それなりの繁忙期があり、コロナの影響でリモートワークがかなり増え、環境の変化に伴って多くの気づきがあった1年でもあった。

在宅ワークが快適すぎる件
在宅ワークが快適すぎる件在宅ワークが快適すぎる件 最近の在宅ワークで感じたこと ここ1,2週間くらい明らかにストレスが低減しているので、改めて在宅で仕事をす...
静かな場所が最も集中できる静かな場所が最も集中できる 最近一番集中しているのが深夜 当たり前のことのようで実はそうでもないな、と思ったのが、一番集中できる環境...

 

自分に向いている仕事や環境、どんなことをこの先やっていきたいのか、どんな人生を歩んでいきたいのか。

そんな問いに対する、これまでぼんやりしていた答えが今年は少し明確になった。

 

ニューノーマルという言葉を沢山目にしたり耳にしたりする1年だったが、自分の中の新しい価値観にも気づくことができた(新しいというよりは、これまであったけど気づくことができていなかったもの)。

 

それから、仕事における体力の重要性にも改めて気づくことができた。

自頭の良さは大切だけど、それだけでは成功は成しえない。

 

来年に向けて

高いレベルのやる気と集中力は、体力を源泉としている気がしてならない。

今年の反省点を生かして来年、再来年の飛躍につなげたい。